経営事項審査情報

HOME > 経営事項審査情報 > Y評点

Y評点

概要

Y評点は、「負債抵抗力」「収益性?効率性」「財務健全性」「絶対的力量」4要素8指標で経営を評価する指標です。

算出方法

Y評点の算出方法は、下記の計算式で行います。

Y評点は、以下の経営状況分析の8指標の数値をもとに『経営状況点数(A)』の算式によって算出した点数を『経営状況の評点(Y)』の算式に当てはめて求める。

経営状況の評点(Y) = 167.3 × 経営状況点数(A) + 583

※上限値:1,595 下限値:0  注)小数点以下四捨五入

◇経営状況点数(A)

経営状況点数(A) = -0.4650 × X1 -0.0508 × X2 + 0.0264 × X3
        + 0.0277 × X4 + 0.0011 × X5 + 0.0089 × X6
        + 0.0818 × X7 + 0.0172 × X8 + 0.1906

注)小数点以下2位未満四捨五入

◇経営状況分析指標
属性 記号 経営状況
分析の指標
算出式 上限 下限 単位
評価
( )内はY評点
への寄与度
負債
抵抗力
X1 純支払利息
比率
(支払利息-受取利息配当金)/売上高
×100
5.1 -0.3 %
(29.9%) 売上高<=0の場合は上限値
X2 負債回転
期間
(流動負債+固定負債)/(売上高÷12) 18.0 0.9 ヵ月
(11.4%) 売上高<=0の場合は上限値
収益性
?効率性
X3 総資本
売上総利益率
売上総利益/総資本(2期平均)×100 63.6 6.5 %
(21.4%) 総資本(2期平均)<3000万円未満の場合は3000万円とみなす
X4 売上高
経常利益率
経常利益/売上高×100 5.1 -8.5 %
(5.7%) 売上高<=0の場合は下限値
財務
健全性
X5 自己資本対
固定資産比率
自己資本/固定資産×100 350.0 -76.5 %
(6.8%) 自己資本<=0かつ固定資産=0の場合は下限値
自己資本>0かつ固定資産=0の場合は上限値
X6 自己資本
比率
自己資本/総資本×100 68.5 -68.6 %
(14.6%) 総資本=0の場合は下限値
絶対的
力量
X7 営業キャッシュ
?フロー
営業キャッシュ?フロー(2年平均)/1億 15.0 -10.0 億円
(5.7%)
X8 利益剰余金 利益剰余金/1億 100.0 -3.0 億円
(4.4%)

【注意事項】

  • X1及びX2については、数値が小さいほど評点に対してプラスの影響を及ぼす指標。
  • X3については、総資本を2期平均とし、かつ、その平均の額が3000万円未満の場合は3000万円とみなして計算する。また、個人の場合は、売上総利益を完成工事総利益と読み替える。
  • X4について、個人の場合は、経常利益を事業主利益と読み替える。
  • X7については、営業キャッシュ?フローの額を1億で除した数値の2年平均とする。

【営業キャッシュ?フローの計算】
 営業キャッシュ?フロー = 経常利益 + 減価償却実施額 - 法人税、住民税及び事業税 ±
  引当金(貸倒引当金)増減額 -+ 売掛債権(受取手形 + 完成工事未収入金)増減額 ±
  仕入債務(支払手形 + 工事未払金)増減額 -+ 棚卸資産(未成工事支出金 + 材料貯蔵品)増減額 ±
  受入金(未成工事受入金)増減額

  • X8について、個人の場合は、利益剰余金を純資産合計と読み替える。
  • X1~X8の数値について、小数点以下3位未満の端数があるときは、これを四捨五入する。
性生大片免费观看/超级97碰碰车公开视频/禁忌的爱/丝袜制服